カフェスタイル勉強会〜Mama Caféってなに? どんな会?

先日無事に第1回を開催したMama Café。

3人の方にご出席いただきまして、それぞれの方のお悩みをお聞きしたり、私からちょっとした情報をお伝えしたりとおかげさまでいい感じの雰囲気で終了することができました。

Mama Caféの参加募集を見かけたものの、これって一体何なの?と思った方もいらっしゃることでしょう。

そういう方のために、Mama Caféってどんなもの?というお話から、どうしてそれを開催するに気になったのか? についてお話したいと思います。

石田勝紀先生が始めたCaféスタイルのライトな勉強会。それがMama Café

Mama Caféは、もともとは子育て・教育デザイナーとして顔を持ち、数々の教育に関する著書をお持ちの石田勝紀先生が始めたもので、「ぐんぐん伸びる子に育てたい」「前向きな子どもに育てたい」と考えるママさんたちが集うCaféスタイルのライトな勉強会です。

ぐんぐん伸びる子を育てるノウハウや、皆さんの子育て・教育に関する相談も共有することができます。(BY 石田勝紀先生)

そんなMama Caféがもっと全国に広がると良いというお考えのもと、出来たのが「Mama Café認定ファシリテーター」という資格なのです。

認定ファシリテーターは、(一社)教育デザインラボにより認定された正式なMama Caféのファシリテーターです。

私、菊池は、このMama Café認定ファシリテーターなのです。

Mama Café@市川・船橋でやっていきたいこと

認定ファシリテーターは全国におりまして、石田先生から学んだことをベースに、それぞれの方が得意とするものなどをミックスしてオリジナルでMama Caféを各地で開催されています。

ちなみに、私菊池が目指しているMama Caféは、「繊細な心を持つお子様」をお持ちのお母様の癒し・学び合いの場です。

繊細で優しい子供たちは、繊細だからこそ、様々なことに気づくことができて誰かの心のよりどころになれたり、気づかないうちに居心地の良い場所を作り出してくれていたり、とできることがたくさんあるのです。

ですが、「強い子」を基準にしている学校生活での決まりや先生の指導方法は、繊細な子を追いつめてしまうことがあります。

例えばですが、学校で些細な出来事があったとしても、それをどう受け取るか?で出てくる現象は変わってきます。

何でもないことのように見過ごすことができる子もいれば、深く傷ついてしまう子もいます。

「強い心を持った子が良い」という風潮がこの国にはありますが、生まれついて「強い心を持った子」もいれば「繊細な心を持った子」もいて当たり前なのです。

強い心を持っていれば、確かに生きやすいとは思います。

だからと言って、繊細な子に強くなれ、というのは無理難題。

私自身がhspであり、、超繊細な子をその良い所を活かしつつ、自己肯定感を育みながら幸せな大人になってもらうのにはどうしたらよいか?を考えながら子育てをしてきました。

繊細な子を持つが故の悩みは、強い子を持つ人に相談しても「そんなこと気にしすぎだよ」と周りに言われがちで、結果、自分自身を追いつめてしまうこともあると思います。

そんなお母様の心のよりどころになりたい、と私は思っています。

うちの娘は元・不登校児。その経験・学びをシェアしたい

このブログで何回かにわたって書き続けていますが、私は元・不登校児の母です。

17年間、繊細な娘とともに世間と闘ってきた、そんな気がします。
(まだまだ絶賛戦中)

彼女を20歳の時に幸せを感じられている子に育てたいと、様々な学び・経験をしてきました。

それらをシェアしながら、みなさまとみなさまのお子様が幸せを感じられる日々を送るお手伝いをしたいと考えています。

【Mama Café の参加条件は、次の3つだけです】

・子どもをぐんぐん伸びる子にしたいと思っている
・前向きな考え方をもっている、または持ちたいと思っている
・自分の子どもだけではなく、皆でハッピーになっていこうと思っている

Mama Café @市川・船橋 開催します!!

行き渋り・不登校・HSP(HSC)のお子様を持つお母様のためのシェア会です。
日ごろの心配ごとやお悩みなどをシェアすることで、ココロを軽くしてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事